World innovation lab

“日本から世界に誇るベンチャーや技術をプロデュースしたい“ 
“ベンチャーへの支援や、起業家精神の普及を通じて日本を元気にしたい”
“日本の素晴らしさを世界に知ってもらいたい”

Origin

そんなシンプルな思いから始まったのが、WiL。90年代以降、米国シリコンバレーではグーグルやフェイスブックを筆頭にハイテク業界に時価総額一兆円を超える企業が次々と生まれ、世界を豊かにしてきました。なぜ日本からはグーグルやフェイスブックが生まれないのか?なぜiPhoneの端末や
AndroidのOSは日本で生まれなかったのか?

シリコンバレーのようにリスクに寛容でない社会という環境要因が大きいのですが、テクノロジーの現場の違いとしては、日本のヒト・モノ・カネが大企業に集中していることも一因です。今後も、日本のイノベーションは大企業が牽引してゆくでしょう。他方、大企業の豊富なリソースの一部でもベンチャーに有機的につながり、シリコンバレーの風を受ける「場」が加われば、日本のイノベーションシーンは爆発的に変わり得ます。日本人の誰もが持っている起業家精神が呼び戻され、日米のベンチャーが交わり、再び日本の技術が世界を席巻することになるはずです。

そこで、“起業をブームから文化に”したい。それがWiLの思いです。日本をベンチャー大国にするためには、仕組みや制度、お金以上に我々個人の“意思(will)”の変革が不可欠です。WiLには、”未来(will)を創りだす強い意志(will)を持った人間を集め、世界(world)に影響を与えるようなイノベーション(innovation)をプロデュースしたい“ という創業メンバーの思いが込められています。

WiLのロゴの中心にある赤い丸は、日の丸=日本を象徴しています。日本から、才能や、技術や、資金が世界に広がってゆく姿。そんな思いが込められたロゴマークです。

Mission

WiLは、ベンチャー、大企業、シリコンバレーの3者の架け橋となり日本社会の変革を促す、チェンジエージェントを目指します

WiLは、以下の3つの課題に挑戦します。

課題1)日本の大企業とシリコンバレーベンチャーの架け橋となる
課題2)日本のベンチャーと大企業の架け橋となる
課題3)日本のベンチャーとシリコンバレーベンチャーの架け橋となる

WiLのMission

Functions

インベストメント機能

起業家と共に、メガベンチャーを創出

日本発グローバルに通用するベンチャー、日本進出が鍵となる米国ベンチャーへの出資を行います。様々な経営サポートを行い、大企業との連携によるグローバルな成長を加速します。

ビジネスクリエーション事業

大企業のオープンイノベーションを促進

大企業のノンコア事業や研究所保有IPのカーブアウト、新規事業の共同創出を通じたインキュベーションを行います。 経営経験者をEIR(Entrepreneur in Residence)として採用し、起業支援または投資先経営として派遣致します。

エデュケーション機能

グローバルリーダーとアントレプレナーを育成

WiL出資企業から出向者を受け入れてベンチャー投資育成のOJTを行うほか、日本のベンチャー経営者候補や学生にシリコンバレーオフィスでの研修や教育機会を提供し、グローバルなアントレプレナーの育成を行います。

Team

経営、事業経験が豊富なプロフェッショナルチーム

ネット大手にて黎明期より経営中枢にて携わったメンバーによる経営支援や、事業立ち上げや成長戦略、国内外の企業との連携など深く支援できる体制です。

Location

シリコンバレーと東京の二つの拠点から、日本の産業とシリコンバレーカルチャーを融合させ、メガベンチャーをプロデュースします。

Partners

多様な業種の大手企業連合を出資者とするベンチャーキャピタルとして、大企業のオープンイノベーションを促進し、企業内起業家や次世代の起業家を育てる仕組みをつくります。

産業革新機構 ANA SONY NTT Docomo Ventures JVC KENWOOD 日産 大和証券 みずほ銀行 セブン銀行 creditsaison 博報堂メディアパートナー D.A.C UNITED Benesse 三越伊勢丹ホールディングス

Company

本社 : WIL, LLC.
102 University Ave. 1A Palo Alto, CA 94301, US
創業者 : 伊佐山元、西條晋一、松本真尚
役職員数 : 19名
事業内容 : インベストメント・アドバイザリー事業
ビジネスクリエーション事業
エデュケーション事業

2016年3月1日に施行された改正金融商品取引法に従い、適格機関投資家等特例業務の届出を行った者は一定の書面を公衆縦覧する必要があります。WiL Management I Ltd.についての当該書面をご覧になりたい場合は、info@wilab.comまでご連絡下さい。

CONTACT DETAILS

  • 102 University Ave. Suite 1A Palo Alto, CA 94301
  • 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデン10F
  • Email:

© World Innovation Lab 2014. All rights reserved.